出会い系サイトでセフレを作る時

セフレをつくるコツ

出会い系サイトに登録したからといって、誰にでもセフレがつくれるかというと、そうではありません。
特にイケメンというわけでもない男性は、色々な努力をしてやっと、セフレをつくることができるのです。

それでは、セフレのできる確率をすこしでも上げられるような「コツ」はあるのでしょうか。

あなたは、出会い系サイトに登録したら、まずどんな方法で女性を探していきますか。
おそらく、プロフィール検索で自分好みの女性を、あるいは掲示板に書き込みをしている中で、可愛かったりスタイルが良かったりする女性を探すことと思います。
しかし、それだけでは到底、セフレをつくることはできません。

まずはどういう女性が会えそうなのか考える

まず考慮すべきなのは、その人がどの場所にいて、何時に書き込みをしたのかということです。
たとえば、彼氏や友達と遊ぶ約束をしていたんだけれど、それを急にすっぽかされて、暇になってしまった、そういった事情でどこかの場所に取り残された女性がいたとしましょう。
その人は、待ち合わせ場所へ来たのはいいものの、遊びたいという気持ちだけが心に残り、しかしその相手がいないという状況にあるのです。

その場合、その女性はすぐにでも相手を見つけたいと考えていると思われます。
したがって、掲示板に書き込みをして、連絡をくれた男性の中で、すぐにでも会えそうな場所にいる人と優先的に会うと考えられます。
そして、急いでいるだけに、相手を決めるのも早い。

そういった書き込みに対して、たとえばそこから三十分かかるところにいるあなたが相手に選ばれる可能性は低いですし、書き込みのあったのが一時間くらい前なのに、それからメールをしても、あまり意味がないといえます。

このように、その人が今どこにいるのか、その書き込みをどのくらい前にしたのかを考えるだけで、無駄なメールを省き、本当に会えそうな人にだけ連絡することができるのです。
セックスできるかどうかは、あなた次第ですけれどね。

多少、嘘をつくことも必要

また、この場合に関して言うと、書き込みがあってすぐの時点でメールを入れれば、会える可能性はぐんと高まりますし、たとえすこし距離のあるところにいても、「すぐに着くよ」と嘘をついて、会う約束をとりつけるというのもありです。

嘘をついたり、その嘘によって知らせた時間よりも長く相手を待たせてしまったりすることに、罪悪感めいたものを感じる方もいるかもしれませんが、そういうものを駆使していかないと、セフレをつくることは不可能なのです。
女性と会うためなら、どんなことでもやりましょう。

一度会ってしまえば、出会い系で知り合ったということもあって、アルコールが入ったりすれば高確率でセックスできます。
セックスにまで漕ぎ着ければ、その後は会うたびにセックスする仲となる可能性が高いですね。

セックスしたいなら全部奢る気でいる

セックスをするには、まず会わなければなりません。
女性のところには、日に何十通とメールが届きますから、その中のいちばんに選ばれるには、何かあなた自身に特別の魅力がなければいけません。

誰にでも実行できるのは、「ぜんぶ奢る」とか「デート費はこっちで持つよ」とか、男らしい経済力をアピールすることです。
最近では、男女平等といいますか、男女で食事に行ってもお代は割り勘というのが当たり前ですが、やはり「ぜんぶ奢る」と言ってくれる男性は魅力的に見えるものです。

だって自分はお金を払わなくていいわけですから、お得なことには間違いありませんよね。
そこから、「すごくお金持ちの人なのかな」とか想像することもあるでしょう。

セフレをつくりたければ、そういった「投資」を惜しまないことです。
じゃんじゃんお金を使って、その女性をお姫様のように扱ってあげること、そうすると約束してあげることが、セフレをつくるコツですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ